[TOP]  会社概要  [独自技術群]  [ケーソンができるまで]  [現場NOW]  [スタッフ募集]  [弘徳建設BBS]  [コートクリンク]

ごあいさつ [会社概要]  [会社略歴] [ケーソン施工実績]
会社概要>ごあいさつ
ごあいさつ

  この度、発生した東北・熊本地震において多くの方が被害にあわれ、心から
 お見舞い申し上げますと共に1日も早い復旧・復興願います。


東日本大震災災害地域の復興のお手伝いも微力ながら6年目を迎えております。



 当社は昭和36年3月1日に先々代が創業して「57周年」を迎えることができました。
これもひとえに皆様方の暖かいご支援の賜物と従業員一同心から感謝申し上げます。
今後とも、これまで同様のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

当社はその間北海道各地の数々の構造物工事の施工に従事してまいりました。
道内各地の橋梁(下部工)はじめ、札幌地下鉄工事、JR高架工事、ダム工事、頭首工、用水路、JH等を施工。
港湾(ケーソン製作)では、、昭和49年稚内港ケーソン製作を皮切りに苫小牧東港、鴛泊港、鬼脇港、天塩港、羽幌港、石狩湾新港、岩内港、沓形港、船泊港、白老港、追直漁港、寿都漁港、天塩港、網走港、十勝港、砂原漁港、庶野漁港、函館港、砂原漁港、釧路西港、大津漁港、雄冬漁港、久遠漁港、羅臼漁港、美国漁港等各地に及んでいます。さらに平成13,14年に泊発電所埋立護岸ケーソンを25カン、平成16年にサハリンLNG桟橋ケーソンを12カン製作しております。近年では新潟港(西港地区)航路泊地付帯施設ケーソン製作も施工しています。
その他にも各防波堤上部工(苫小牧東港・西港、白老港、寿都漁港、古平漁港、えりも漁港、登別漁港)、岸壁の上部工(苫小牧西港、室蘭港、函館港)、ブロック製作(苫小牧東港・西港、白老港、古平漁港)等にも実績を持っております。
東日本大震災災害地域の復興に当たっては平成24年1月より現地に出向き宮古高浜地区災害復旧、
平田漁港災害復旧、小白浜漁港災害復旧、綾里漁港ケーソン製作、根白漁港ケーソン製作、
大船渡港湾口地区防波堤ケーソン、大船渡港、釜石港湾口防波堤(災害復旧)、大船渡、根浜、大槌地区の防潮堤工事等をお手伝いしています。

 技術面では、昭和55年10月30日に「ケーソンの型枠」の特許を取得、平成2年3月28日には「型枠支持用ブラケット」(K式ブラケット)の意匠登録、さらに平成7年11月22日に新「ケーソンの型枠」の特許を取得、平成11年10月29日には「KSタラップ」の特許を取得、平成24年12月14日には「足場用布板のずれ止め具」の特許を取得、平成25年6月4日には「KSタラップ」NETIS登録、平成25年7月2日には海面に浮く「支保工」の特許を取得、平成27年11月25日には「K式ブラケット」NETIS登録とさらなる技術力の向上を目指して日夜努力いたしております。
 当社の型枠スライド工法は作業員の安全を第一に開発された工法で、仕上がり、工期、コストなどの面で他の工法に比べて数多くの利点を持っています。
 このホームページは、当社のケーソン製作技術・工程及び特許製品・工事実績をイラストを交えてわかりやすく解説しております。
当社の技術・実績をご理解いただき、今後多くの工事をご用命下さいますようよろしくお願い申しあげます。


代表取締役 岡田 勝治

本社写真

弘徳建設株式会社

本 社/旭川市6条通2丁目2471番5
   TEL(0166)22-9271
   FAX(0166)22-9205