弘徳建設

TOP  [会社概要]  [独自技術群]  [ケーソンができるまで]  [現場NOW]  [スタッフ募集]  [コートクリンク]

■ 推奨表示環境 ■ ブラウザ:IE5.0以上 ディスプレイ:800×600以上 JAVA:有効 スタイルシート:有効

分類
技術情報(18)
その他(14)
旭川(30)
08年度工事(68)
07年度工事(12)
09年度工事(71)
10年度工事(70)
11年度工事(109)
12年度工事(106)
13年度工事(144)
14年度工事(181)
15年度工事(175)
16年度工事(159)
17年度工事(161)
18年度工事(60)

半角スペースでAND検索

[RSS]

検索分類「09年度工事」 HIT数:69件

現在表示:61件目〜69件目
<< 1 2 3 4 5 6 7 >>

苫小牧港西港区勇払−10m岸壁改良外工事 2009年6月11日(木)11時14分
分類:09年度工事 [この記事のURL]


今回の工事は北ふ頭-7.5m岸壁桟橋式上部工(4スパン)と勇払-10.0上部工(3スパン)の構造物を担当しています。今現在北ふ頭-7.5m岸壁桟橋式上部工(4スパン)鋼製支保工設置が始まりました。海上に打ち込んだ鋼管杭(0.6m)の間に当社独自の技術(特許申請中)の支保工を設置し鉄筋を組立て、コンクリートを打設します。


紋別港ケーソン製作その他工事 2009年5月26日(火)12時01分
分類:09年度工事 [この記事のURL]
4月中旬に紋別港に乗り込んで工事の方も順調に進んでいます。ケーソン製作は第1サイクル目(2カン同時製作)8回打設のうち5回まで終了しています。ブロック製作も今は根固め・蓋ブロックが終了です。


白老港護岸(防波)上部工建設工事 2009年5月19日(火)11時48分
分類:09年度工事 [この記事のURL]


今回紹介するのは白老港護岸(防波)上部工建設工事です。
白老港第3商港区の物流ターミナル建設の為に防波護岸の上部工を整備して行きます。当社は上部工を担当します。


ウトロ漁港人工地盤建設工事 2009年5月14日(木)8時43分
分類:09年度工事 [この記事のURL]


昨年10月〜乗り込んだウトロ漁港人工地盤建設工事 も観光シーズンが近づいています。海も12月、1月と2度にわたる大時化が嘘のように穏やかです。今回担当している地中梁の構造物も後Fブロックを残すのみとなりました6月中旬には終了です。


白老港岸壁(-11m)ケーソン製作工事 2009年5月13日(水)8時51分
分類:09年度工事 [この記事のURL]


今年度(平成21年度)の白老港工事がいよいよ始まりました。
今回担当するのは平成17年から着手した第3商港区の-11m岸壁の整備のうちのケーソン製作(4函)です。
白老港は、北海道南西部の太平洋岸に面し、日高・胆振沿岸の西側に位置する港湾です。地方港湾には昭和57年に指定されており、背後圏企業の原材料及び製品等の流通に貢献する内貿拠点、さらには沿岸で展開される水産活動の基地として、地域の産業・経済に密着した重要な役割を果たしています。
平成2年に漁港区・親水護岸が整備され、平成7年に第1商港区、平成13年には第2商港区が供用され、-5.5m岸壁5バース、-7.5m岸壁が1バースを有する港に発展を遂げており、地元企業による原材料、製品などを中心とした内貿貨物はこの10年で大きな伸びを見せています。

http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_kowan/bayport/profile/shiraoi.html


香深港-6.0m岸壁ケーソン製作その他工事 2009年5月13日(水)8時47分
分類:09年度工事 [この記事のURL]


香深港は、観光地利尻礼文の礼文島の東海岸に位置し、稚内・利尻島・礼文島を航行するフェリーの玄関口の港です。香深港の歴史は古く、明治初期から弁財船による交易が行われ、島内消費物資の移出入や島外交通連絡港として礼文島の産業経済に重要な役割を果たしてきました。平成7年からは3,000t級フェリーが就航し、稚内・礼文島を約2時間で結んでいます。また、漁業拠点として、漁業者の作業環境改善と高齢化に対処するため、物揚場の高さを低くしたり暴風雪施設を設置するなど、改良整備を行っています。
平成17年度から始まった耐震岸壁の整備の内の今回当社が担当する-6.0m岸壁ケーソン製作も最終年度となりました。完了は7月中旬を予定しています。無事故で終了させたいと思います。

http://www.wk.hkd.mlit.go.jp/port/kahuka.koh.htm 


紋別港ケーソン製作その他工事 2009年4月28日(火)8時29分
分類:09年度工事 [この記事のURL]


紋別港は、オホーツク海沿岸のほぼ中央部に位置し、江戸時代に松前藩の交易の拠点であった「宗谷場所」の一部として開かれた紋別漁場が港の始まりとされています。大正12年漁港修築に着手して、昭和50年には重要港湾の指定を受けました。重要港湾への指定を契機に商港としての整備が進められました。現在では、紋別市を核とする網走地域の北部および上川地域の一部を含む生活、産業に係わる物流拠点港として発展し、また、沖合、沿岸漁業の基地として重要な役割を果たしています。一方、紋別市が策定した「流氷研究国際都市構想」の中で、流氷都市拠点地域として位置付けられ、市民や観光客の憩いの場として多くの利用者が訪れています。
今回担当する工事は紋別港ケーソン製作その他工事の内のケーソン製作工事(5カン)とブロック製作です。約9ヶ月間通して無事故で完了させるよう頑張ります。


http://www.ab.hkd.mlit.go.jp/kouwan/monbetu/index.html


羽幌港ケーソン製作工事 2009年4月25日(土)10時10分
分類:09年度工事 [この記事のURL]


羽幌港は日本海北部の港湾として整備が進められ、離島航路・漁業拠点港として重要な役割を果たしています。特に「オロロン鳥の天売島」「オンコの島、焼尻島」への連絡港として利用されています。
羽幌港の定期船及び地元漁船の大型化と外来船の利用増加に伴い、外郭施設の延長、係留施設の拡張の工事のい一環として今回発注になった羽幌港ケーソン製作(北防波堤)工事の内のケーソン製作(3カン)を担当する事になりました。5月末までの短い期間ですが無事故で頑張りたいと思います。

http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_kowan/bayport/profile/haboro.html


送り出し教育 2009年4月12日(日)7時11分
分類:09年度工事 [この記事のURL]

平成21年度も4月に入りいよいよ現場が始まります。苫小牧センターで準備を行い全道各地の現場へと乗り込む前に今年1年「無事故・無災害」で工事が終了するようにと「送り出し教育」を行いました。
今年の当社の安全スローガンは『安全なくして仕事なし、みんなで築こう無災害 』に決まりました。又、
【平成21年度災害防止管理目標達成施策】として
1.足場・型枠の設置・解体作業時の親綱・安全帯の完全使用。
2.作業計画及び作業手順の厳守及び確実な励行
3.クレーン作業時吊り荷の下に入らない
4.声掛け・示唆呼称の励行
を全員一致で決めました。


<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
平成30年も信頼と実績で従業員一同力を合わせて頑張ります。どうぞよろしくお願い致します。 〜従業員一同〜

このページはリンクフリーです。できましたらリンクの際、メールでご一報ください。
当サイト内の全ての情報の無断複製を禁じます。 Copyright 1997-2002 弘徳建設 rights reserved.

 1997年8月1日開設

Mail to 弘徳建設
nik4.8